忍者ブログ
引越しする際に必要な情報をお届けしています。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

来年にも引越しをする予定なのですが、引越しを貴に車の買い替えを検討中です。

車って最近は故障したりするまで乗る方が多いようで、そのため新車の販売台数が年々減少しているようですが、僕もやはり車なんて乗れれば何でも良いので、故障するまで乗る予定なんですよ。

しかし引越しする際にわざわざ今乗っている車を新居にもって行くのも面倒なので、どうせなら今乗っている車を売って、新居で落ち着いたら新車を購入しようかと考えています。

また、今乗っている車がそろそろ限界に?近くなってきてもいるので、ちょうど良い車の乗り換えの時期かな?とも思っているんですよ。

いずれにしても引越しが大変なので、引越しして新居で落ち着いたらどの車を買おうか決めようと思います。

それにしても引越しってお金がかかりますね・・・
PR
来月、年末の忙しい時期ですが、仕事の都合で引越しをしなくてはならなくなりました。

そこで今乗っている車が新居では不要になるため、売ろうと思っているのですが、中古車買取業者って非常に多いので、結局ドコがもっとも高く買い取ってくれるのか難しいですよね?

先日ある中古車買取り業者に査定を依頼したら、「どこに買い取ってもらっても買取金額は同じでですよ」って言われたのですが、絶対これって嘘だと思うんですよねー。

もちろんある程度、買取相場は決まってはいると思うのですが、買取業者によって必ず買取価格は異なってきますので、もしもこれから売るまを売ろうと思っている方は、買取業者の査定員の言葉を鵜呑みにしてはいけませんよ!

面倒かもしれませんが複数の中古車買取業者に査定を依頼して、もっとも高値で買い取ってくれる業者を地道に探していきましょう!その地道な行動が数万円に変わることも珍しくありませんからね。

バイクに乗る場合は、自賠責保険医加入しなければなりませんが、自賠責保険はバイク運転者の補償がありませんので、多くの方が、バイクの場合も自動車同様、任意保険に加入することとなると思います。


しかしバイク任意保険って自動車任意保険に比べて扱っている損保が少ないので、選択肢が限られるんですよねー。

僕も色々調べたんですが、たはり基本的に従来からある代理店型のバイク任意保険が多いのですが、最近では自動車保険と同じく、インターネットから契約できるダイレクト系のバイク任意保険も増えてきました。

僕はいま、アクサダイレクトのバイク任意保険に加入していますが、代理店型のバイク保険に比べてやはり保険料は割安ですし、無料サービスも充実していますので、これからバイク任意保険に加入しようと思っている方はもちろん、バイク保険の見直しを検討している方も、ダイレクト系のバイク保険の見積もりを取り寄せてみて、保険料や無料サービスを比較検討してみてはいかがですか?


意外と知らない方がいるようですが、新車は結構、値引きが出来ます。

しかし値引き額は車種や新車値引き術によって大きく異なりますので、カー雑誌はもちろん、インターネットなどでさまざまな情報を集めて、少しでも値引きしてもらうように努力してもらわなければなりません。

なんせ車、新車の値引き額は他の値引き額とは額が違い、数万円はもちろん、20~50万円ほど値引きされることもありますので、粘り強い交渉はもちろん、計画的な交渉も必要になってくるのです!

僕も新車を購入するときはさまざまなテクニックを使って、最大限の値引き額を勝ち取っていますので、これから新車を買う方もあきらめずに頑張ってくださいね!
引越し後は公共の交通機関などが利用しにくい地域の場合はレンタカーやレンタルバイクを利用してみてもよいかもしれません。

レンタカーはやはり料金が気になるという方は、お手頃価格でバイクが借りれるレンタルバイクは意外と便利です。

特に車の免許を持っていなくてバイクの免許しか持っていない方でもレンタルバイクなんてサービスがあることを知らない方がいるようですが、最近はレンタルバイクサービスを始めているショップも増えてきていますので、引越し先にレンタルバイクショップがないかを探してみてもいいと思いますよ。
引越しを機に車を売る方もいると思いますが、車を売れば今まで支払った税金が戻ってくる場合も多いので、忘れないように手続きを行わなければ損してしまいますよ!

自動車には、自動車所得税、自動車重量税、自動車税(軽自動車税)の3種類の税金が関わってきますが、自動車所得税、自動車重量税は自動車購入時、または車検時に納付しなければならない税金なので、車を売っても戻ってきませんが、自動車税は基本的に前払いとなる税金なので、車を売る事故によっては、戻ってきますので、確実に手続きを行って税金を取り戻しましょう!



(PR)車売る 税金
引越しを機に車を売る方も多いと思いますが、車によっては売ることが出来ず、仕方なく廃車しなければならないこともあります。

しかし廃車の手続きなんて多くの方があまり行ったことがないので手続き方法を知らない方も多いと思いますが、やってみれば意外と簡単に手続きは終わります。

それでも引越し時はしなければならない手続きなどが多いので、廃車手続まで手が廻らないこともあるかと思いますので、そのような場合は業者や行政書士に依頼すれば手続きを代行してくれますので、どうしても自分で手続きが出来ない場合はそのような方法もあることを知っておきましょう!



(PR)解体抹消手続き
自動車任意保険は、自動車所有者の約9割以上が加入しているといわれていますが、少し前まではいわゆる代理店などの自動車保険に加入することが当たり前のようでしたが、いまではインターネットの普及によって代理店を通さない、ダイレクト系の自動車任意保険会社が増えてきており、パソコンがあり、インターネットに繋がりさえすれば、24時間いつでも自動車任意保険の見積もりを取り寄せることが出来、契約もできるようになりました。

これは考えてみれば忙しい現代人にとってみればとても便利で、さらにダイレクト系損保は代理店手数料等が不要なため、安い保険料を実現し、個人を中心に徐々にシェアを伸ばしています。

自動車任意保険n保険料は年間10万円を超える方も多いと思いますので、少しでも保険料を安くしたいドライバーはダイレクト系の自動車保険の見積もりを取り寄せてみてはいかがですか?



(PR)チューリッヒ自動車保険 見積もり
バイクを売却する場合は、名義変更手続き、廃車手続きのどちらかが必要となりますが、個人売買や、業者に依頼する場合でも、確実に手続きを行っていなければ、オートバイを売却したにもかかわらず、旧所有者へ
バイクの税金 軽自動車税の納税通知書が送付されてきますので注意が必要です!

特に個人売買の場合は、売却相手の名義変更などの手続きをすべてまかせておくと、忘れたりして手続きを行っていない場合がありますので、面倒でも自分で手続きを行うことをオススメします。


また買取業者へ売却する場合でも、確実に廃車手続きを行ってくれたことを確認するためにも、コピーなどを後日送付してもらうようにしましょう。


数ある保険の中でも、もっとも保険料が高いのが自動車保険ではないでしょうか?

年間5万円は当たり前、契約者、契約自動車の条件、車両保険によっては年間、数十万円になることも珍しくありません。

そこでこの高い自動車保険を少しでも安くするにはどうしたらいいのでしょうか?具体的には以下のことをするだけでかなり保険料は安くすることが可能です。


・代理店型の損保よりダイレクト系の自動車保険にする

・保険料は一括で支払う

・車両保険を考える

・安全運転を心がけ事故を起こさない


意外と普通のことなのですが、これだけで保険料は間違いなく安くなります。

またリスク細分型自動車保険を各損保が扱っていますので、必ず複数の自動車保険の見積もりをして、比較検討することも、当然、保険料を安くするためには必要ですよ。



(PR)三井ダイレクト自動車保険 安い
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]