忍者ブログ
引越しする際に必要な情報をお届けしています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供が産まれたら日本では学資保険に加入する事が当たり前のようになっていますが、実際問題、学資保険っていります?一応、加入する際は学資保険に加入する際の注意点などを参考にすれば良いんでしょうが・・・


そもそも昨今の金融危機によって払い戻し率が低下している学資保険に加入するメリットって思いつきませんけどね!

さて年末年始、日本、世界で景気後退のニュースが毎日のように流れ、本当に年の瀬にもかかわらず、こーも不景気だ、不景気だとニュースでされると、実際には不景気だとは感じていない人たちも財布の紐が厳しくなってより悪循環になりますよね。

確かにマスコミは現実を伝えているだけなのかもしれませんが、報道というものを見直さないと、ドンドン住みにくい世の中になっているような気がしますね。
PR
僕は30歳を超えているんですが、実を言うと生命保険というものには一切加入していないんですよ。

まっ独身という事も関係あると思うのですが、まだまだ元気なので生命保険の必要性自体を感じていないことも大きんですよね。

ただやはり今後自分に何が起こるか分からないので、そろそろ生命保険に加入を考えているんですよ。僕としては少しでも月々の保険料が安い掛け捨てタイプの生命保険を検討しているんですよ。

特に東京海上日動あんしん生命の商品が魅力的だと思って、資料を請求してみてじっくりと保障内容を調べているところです。

生命保険って分かりづらいのですが、少しでも納得して、保障内容を理解してから加入したいですからね。
都内から某地方へ引越しをしたので、車が必要になったため、車を買うこととなり、中古車と新車どちらにしようかと悩みましたが、どうせなら長く乗りたいと思っていましたので、新車を買いました。

そこで車を買えば自動車保険にも加入しなければならず、今色々な保険会社に自動車保険の見積もりを取り寄せているのですが、自動車保険の保険料って高いですよね?

特に車両保険に入ると、僕の場合、10万円を超えてしまうので、車両保険に入るか迷っていますよ。

でも新車の場合、もしも何かあれば不安なので、やはり車両保険は必要だと思うので、保険料はかなり高くなりますが、安心して運転するためには仕方ないのかなと考えています。

まだ新車は納車されていないので、これからもう少し見積もりを取り寄せてみて、車両保険に加入しても保険料が安くなる保険会社を探してみようと思います。
今年の3月に東京へ引越すこととなったのですが、今乗っている車を持っていくかどうかで悩んでいます。

確かに東京は公共の交通機関、電車、バスなどが発達していますので、通常の生活では車がなくてもまったく問題ないと思うんですが、やはり休日などにドライブに行くときはレンタカーではなく、マイカーで行くほうが絶対楽しいので、個人的には維持費がかかっても愛車を持っていく予定なんですよ。

そこで少しでも車に維持費を抑えるために、自動車保険をダイレクト系の保険会社に乗り換えようと思っているんですよ。

ダイレクト系の自動車保険は保険料が安いですが、事故対応などはどうなのかと思い、ダイレクト自動車保険の評判・評価を調べてみたのですが、意外と?かなり評価が高いようなんです。

保険料は代理店型に比べるとダイレクト系自動車保険は圧倒的に安くなりますので、維持費を抑えるために、まずは自動車保険の見直しを行おうと思います。
地震保険の保険金って、自分で決められず、あらかじめ決められているので、地震保険に加入していたからといって、もしも地震によって住宅が被害を受けても、住宅の補修費用全額が支払われることはないのです。

多くの方はこのことを知らず、地震保険にさえ入っていれば安心と思っているようですが大間違いなんですよ。

もちろん地震保険未加入よりは加入しておいたほうが安心ですし、本当に大地震が起こった場合は保険金が必ず出ますので、入っておいたほうが良いのは確かです。

ただ地震保険は地震に対して万能な保険ではないことも知っておかなければなりません。地震保険だけでなく、資産を上手に運用して、いざという時に供えることは現代社会においては凄く大切ですよ。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]